コピーデッキに対する認識の差

コピーデッキこの言葉MTGプレイヤーからするとそもそもあまり使わない言葉ではないかと思う。私の周りではあまり聞かない言葉である。

 

シャドウバースをやっている私はコピーデッキという言葉にあまりいいイメージはないそれはシャドウバースのプレイヤー内では自分でデッキを考えない、人の考えた強いデッキを使ってただ勝とうとしているやつという意見の人が多いからである。だがそもそもここで1つ言いたい事がある、強いデッキを真似て勝つことのどこが悪いのか!構築が上手い人のデッキを使うのは非常に合理的な判断だと言えると私は思う。

 

 

構築が上手い人のデッキを使うメリットは多いまず強いカードがわかるこれは非常にでかい環境を理解することにも繋がる。次に構築のバランスが学べるどういった役割のものが多く採用されていてフィニッシャーのバランスや除去の配分など沢山学ぶことができる。

これはやらない手はないだろうたとえ何か言われようとも最初はやるべきだと私は思う。練習はどんな事でも必要な事だ、スポーツでいきなりオリジナルなやり方をする人は少ないみんな上手い人のやり方を真似るだろう同じ事である。

 

 

ではなぜコピーデッキが悪とされるのかそれは文句を言っているやつが勝てないからである自分のオリジナルデッキが勝てない、コピーデッキに負けるそれが悔しいのだ。勝てているならばコピーデッキはカモである叩くはずがないむしろ自分の考えたデッキで環境デッキだと言われるデッキに勝てているんだ本望ではないかだからこんな奴らの言っていることなど無視すればいい。

 

 

MTGを始めて思ったことはデッキは真似てもいいのだという人がいたことだそれに少し驚いたそれくらいのイメージが私にはあった、今は考えが全く違う真似るのは良いことだ自分で構築しないなんてなにが楽しいんだという奴うるせえ!お前の価値観を押し付けるな!こう言いたい!

そもそもデッキは1枚1枚の絶妙なバランスで出来ている1枚構成が変わるだけで回らなくなったりもするのだたとえコピーでもそこから1枚でも構成を変えれば全く別のデッキだデッキ構築というのはそんなに単純ではない

最初がコピーから始まったとしてもそこからこのカードはもっと入れた方が強いんじゃないかこのカードは別のカードと変えた方が強いんじゃないかこうして少しずつ自分の思うデッキを作っていくこれも立派なデッキ構築だ。

1から作ったやつがえらいだとかそんなことは一切ないその人だって他の人が使っていた組み合わせを参考にしているかも知れないではないか。

 

 

これからMTGを始める人自分で1からデッキを作ってみるのもいいプロのデッキを真似てみるのもいいそこから自分なりに調整してみるのもいい自分のやりたいようにやることだ趣味の楽しみ方に文句言う奴は無視しろ

 

 

とまあ長々と語ってきましたが楽しめればそれでいいんですあと一緒にやっていて楽しめる仲間を探しましょう!

 

 

 

 

 

 

最後に!ドミナリアでオススメカードはシャライ!めんどい奴からは自分に呪禁を付けて乗り切ろう!あコメント気軽にしてね!

f:id:ekusia456:20180424015314p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MTG始めたばかりの時こうする良い!

こんにちは!

最近Twitterでフォローしている人たちのブログを見て皆さんの文章力の高さに驚きを隠せないわたくしカフェオレであります。周りに感化されて久々に更新します(笑)

 

f:id:ekusia456:20180420105938j:image

さて今日はどんな話かというと、最近チャレンジャーデッキというMTGを始めるにはもってこいのセットが発売された事でMTGに復帰や新規参入者がとても多く嬉しい限りですね。そこでMTGを始めて1年が経過した私からちょっとしたアドバイス的なことを書いていこうかなと思います。

 

 

まずはデッキを組む時のアドバイスを1つ

 

「コピーデッキで行こう!」これです!

コピーデッキってほかのカードゲームまあ特にデジタルカードゲームに多いんですがあまり良く思われない風潮があります。しかしそこそこいろんなカードゲームをやってきた私から言いますがMTGはまずコピーデッキから!

理由としてはMTGは土地というマナシステムを採用しています。これによりデッキ構築の段階でバランスが非常に難しいので大会などで使用されているデッキを参考にすると良いです。

 

 

ここで重要なのはあくまで参考にするという点もちろんそのレシピがとても手に馴染むならそれをそのまま使うのも良いでしょうそれはデッキを組んだ人の構築センスと噛み合ったということなのでその人のデッキのバランスをお手本にするといいでしょう。

 

ただコピーデッキを使っていてこのカードこんなに枚数いるか?とか思うことってあると思うんですそうなったら自分なりに使えそうなカードを探して差し替えてみましょうそうするとその方がデッキがうまく回る場合もあります。それは自分のデッキの回し方に合っていたのかもしくはそのデッキを作った方が試していなかったシナジーのカードかもしれませんね。

 

 

このように他の人の考えたデッキを自分なりにカスタマイズしていくとそれはもうオリジナルのデッキになります。最初はこのようにしてみるのが良いのではないかなと思います。慣れてきたら自分で1からデッキを作ってという風になると楽しいものです。

 

 

さてデッキ作りの話題が続きますが、人からアドバイスをもらう時は全てを鵜呑みにしてはいけませんアドバイスの中からこれは納得出来るというものを取り入れてみましょう!これは人によって細かい部分の調整やデッキ作りにおいてどこに重点を置くかが違うため自分のスタンスに合うかどうかはわからないのです。

デッキの調整の差でどういうスタンスで回すかによって強さが全く違います。ここは好みが色濃く出るので重要です。MTGだとプロプレイヤー八十岡翔太さんがその典型と言えます彼が5-0したデッキを使っても全く勝てなかったという話が有名で性格など色んなことが合わさって自分に合う形のデッキを使うのが一番良いということだと私は思います。なので色々なデッキを試してみる!MTG仲間が増えたらデッキを借りてみるってのも面白いですね。そのデッキに当たった時デッキを知っているか否かは大きな差ですしこの人はこういうバランスでやっているんだなと思うことが楽しくて私は他の人のデッキを使うのが結構好きです!

 

 

というわけで長々と話していましたがこんな殺風景な文字列を最後まで読んでくれる人がいるかは分かりませんがこの辺で終わります!私がMTGを始めて今までで思ったことを書きましたが参考になってくれたら嬉しく思います。コメントとかも気軽にくれたら嬉しいです。

 

それではまた!

 

 

FNM優勝

昨日横浜カードボックスで開かれたフライデーナイトマジックに参加してきました!

 

参加者は自分含めて4人でしたが総当たりをしてとりあえず優勝出来ました。使用デッキはギフトですレシピは原根くんのレシピをそのまま使いました。

f:id:ekusia456:20171223101942j:image

f:id:ekusia456:20171223101959j:image

回していて枚数の調整が綺麗にされているなという印象がありましたさすがプロですね。

 

ギフトは対策されやすいとよく言われますが1番の対策と言われているのが墓地対策です。しかしギフトデッキはサイドから大きくプラン変更をすることが出来るのですギフトは復元とギフトをサイドで全部外し賞罰の天使と博覧会の警備員を入れることによって盤面を制圧しながらのクリーチャービートにも変身できるのです。

 

先手は対策札が少ない状態の相手に4ターン目にギフト復元で発明の天使を出すとそのまま勝てる爆発力で押し切りサイドからはゆったりと軍略などのドローで有効牌を引きながら盤面をコントロールして勝つそういったプランが取れるのが最大の魅力です。

 

デッキはアズカンタが少々高いですが比較的作りやすい部類のデッキだと思うので是非作ってみてください。

それではまた!

 

シャドバ現環境について

今日はシャドバの現環境がどんなものなのかを書いていこうと思います。

まず今の環境にトップが存在するのかどうか、これはとても難しく今のシャドバは多少リーダーの使用率に偏りがあれどほとんどのリーダーがランクマッチにいるように思えます。

ナーフ前環境のトップであるヴァンパイヤは切り札を弱体化されたものの新規で追加されたカードの強さは健在のためやはり使用率は高い印象があります。それでも復讐ヴァンプやアグロヴァンプ、コントロールヴァンプなど形は多様です。

続いてよく見るのはビショップですねビショップに関しては疾走ビショップとイージスビショップがいますがイージスビショップに関しては好みが出ているなという印象があります。エイラを用いて回復をしつつ盤面アドをとり最後にイージスで潰す形や除去を多めに積み耐えてイージスで決める形などこれも多様です。

このように1つのリーダーの中でデッキの採用カードにこれほどのばらつきが出ているのは珍しいことです。個人的にはトップがいる方が多少やりやすい印象があるので今のシャドバは安定した勝率が出しにくいと思っています。

カードゲームにおいて一強というのは嫌われがちですがデッキの偏りとそのデッキのメタを考えて作ったデッキでトップから勝率を取れる環境の方が実は面白いと思ってしまいます。あのカードは強すぎるからナーフだとすぐに言うのではなくその強いカードにどう対抗するかを考えてデッキを作成すると結構面白いものです。カードゲームはどうしても勝てないときもあるのですがプレイングによってどうにかなることの方が多いと感じます。今日はこの辺でさようなら

 

最近のシャドバで思ったこと

たまたまスタンダードのパックを引いたらこのカードが出てきた

f:id:ekusia456:20170814121708p:image

ご存知スカルフェインである7コストでステータスは4/4である効果だがファンファーレ能力で自分のアミュレットを全て破壊するという能力であるこれはカウントダウンアミュレットの効果がラストワードであるため破壊することによって重いカウントダウンを踏み倒すというものである。しかしこの能力非常に噛み合わないのであるなぜならビショップのカウントダウンアミュレットにバカみたいに長いアミュレットがないからである1コストから3コスト帯にあるアミュレットはほぼ全て5コスト目でカウントダウンが終了してしまうそれ以降だが5コストには優秀な確定除去や回復しながらドローさらには出した瞬間に役目をはたしさらにはカウントダウン後も効果を持つカードを使用することが多いのである。6コスト目では言わずと知れた全体除去テミスの審判が存在するそのほかにもガルラなど優秀なカードが多いのであるそんなこんなで7ターン目を迎えるのだがこのスカルフェインにもう仕事はないカウントダウンもなければ進化もあるかわからぬ7ターン目で4/4のカードが強いはずがないのだそもそも6コストのガルラが4/4なのであるマナレシオどこ?

まあマナレシオなんてそういう考えがあるってだけでシャドバにそれが必ずしも当てはまっていなければならない理由はないがしかしこのマナレシオが機能していると上手くいきやすいのも事実であるここで同じ7コストのカードを紹介しよう

f:id:ekusia456:20170814123950p:image

ヘクターであるまずステータスを見ていただきたい5/6であるさらにはファンファーレ能力はほぼ自己完結効果といっても過言ではない自己完結能力が強いのは言わずもがなであるがその割にステータスが高すぎる進化前のステータスが進化後のスカルフェインと攻撃力1の差である

f:id:ekusia456:20170814124357p:image

 すべからく先に出たカードが弱くなるのはよくあることであるしかしあまりにもそれがひどいのである本当はスカルフェインくらいのステータス調整がなされるべきなのである。とかいってますがスカルフェインはステータスがむしろ低いんですけどねてか進化後イラストよくねスカルフェイン

あれこれ語ってきましたがシャドバはカードパワーが上がりすぎていているのが問題視されていますがカードゲームでそんなことはよくあることです問題はそれをどこまで続けるつもりなのかまだ戻れるところだとは思います。

 

長い文章失礼しましたでわでわ

 

お久しぶりです

完全に失踪状態でしたがカフェオレここに復活いたしました今日からシャドバを中心にやっていきたいと思っています。

あ ちなみにバトスピはやめました現実のカードゲームは当分やらないと思います、まあそんなことは置いといて早速ですがシャドバで使っているデッキを紹介していきたいと思います。

今はエルフを使っています基本は1リーダーでやっていてバハムート降臨の後半以降からずっとエルフを使っていますそして今回はエルフの新カードを結構入れたデッキを紹介したいと思います。

f:id:ekusia456:20170405000059p:image

f:id:ekusia456:20170404235407p:image

デッキコンセプトは激震のオーガ強そうだなと思ったところからバーンを少し意識して作っていますオーガで6点バーンが結構強くて気に入っています基本戦略は耐久しながらエンハンス10を使って決めるのが基本ですダメージを調整しながらグリームニルをエンハンスで使って勝つのとジャングルの守護者のエンハンス8点疾走で決めるパターンオーガでダメージを与えて行ってのエルフ定番のリノセウスでのリーサルがありますこのデッキの良いところは除去が豊富で回復力が高いところです相手の息切れを狙いつつ強力なエンハンス能力で勝負を決めて行けるので現状苦手なデッキはあまりないと思います。

マリガンは低コストは必要ですがエリンなどを残すのも悪くはないと思いますエリンが引けるか引けないかで耐久力が相当変わってきます進化の回数多いことで盤面を取りやすいです特にドラゴンとの対戦は一進一退の攻防が出来るのでとても楽しいですウロボロスに対してもリリィがありますしバハムートにももちろんリリィや天馬のエルフがありますので手札で対応しつづけて隙を見てエンハンスやリノセウスで決めて行くのがとても楽しいのでコントロール系のデッキが好きな方は気に入っていただけると思いますそれでは今回はこんなところで終わりたいと思いますさようなら

 

 

 

戦国プレミアムボックス

ついに届きました早速内容を紹介していきたいと思います

f:id:ekusia456:20160714225718j:image

箱はこんな感じで凝っていて実に良いですね

f:id:ekusia456:20160714225753j:image

f:id:ekusia456:20160714225810j:image

まずは武龍デッキの紹介

f:id:ekusia456:20160714225645j:image

これに烈刀斬2枚が入っています烈刀斬とハクライなどの優秀カードがとても嬉しい限りです次に

f:id:ekusia456:20160714230131j:image

キャラが写っているマジックこの中の絶甲氷盾1枚3000円買い取りらしいです

f:id:ekusia456:20160714230452j:image

もちろんこれです、さすがですね

この他にはイラストがつながるカードも入っています

f:id:ekusia456:20160714231019j:image

かっこいいですゼクスかっこよくてとてもいい後はクーリンスリーブですね

f:id:ekusia456:20160714231143j:image

可愛い感じまああんまり興味ないので今度強化される増殖デッキにでもつけようかなとてもいいセットでした正直3個欲しかったです絶甲氷盾とかねwでわノシ